税金の控除いろいろ

税金の控除について知って、賢く得しよう!

地震保険料控除

地震保険料控除とは、自分や自分と生計を共にしている配偶者、その他の親族が所有している家屋で、常時その居住の用に供するもの、または該当する人が所有している生活用動産を対象とした保険契約で、地震や噴火、津波を原因とする火災、損壊等による損害をてん補する保険金や共済金が支払われる保険に対して、その年に支払った保険料の金額が一部所得税の課税対象額から控除されるものです。 生命保険料の控除とは別になっていますので、忘れずに記載するようにしましょう。
ビジネス05控除額は上限5万円で、地震保険料でその年に支払った保険料が5万円以下の場合には支払金額全額を、5万円を超えた場合には5万円を控除対象額とします。また、旧長期損害保険料でその年に支払った額が1万円以下であれば支払金額全額を、1万円超2万円以下であれば支払金額÷2+5千円を、2万円を超えていれば1万5千円を控除額にします。なお、地震保険料と中長期損害保険料の両方を支払っている場合には、それぞれの方法で計算した金額の合計額を控除しますが、最高5万円までとなっています。
この控除を受ける場合には、確定申告書の控除欄に必要事項を記載した上で、 支払金額や控除を受けられることを証明する書類を確定申告書に添付する必要があります。

コメントを受け付けておりません。