税金の控除いろいろ

税金の控除について知って、賢く得しよう!

基礎控除

年末調整では所得税の計算とそれを市区町村へ提出してそこで住民税の計算を行なったりしています。当然確定申告などでさまざまな所得や控除を計算をされた後にすべての税金の計算が完結します。その流れの中で計算の元となるものが控除の基礎となり本人に対しての基礎控除分が発生します。金額的には所得税で38万地方税分では33万円となります。これはサラリーマンの人で計算すれば年間3万8千円の所得税を返してくれて地方税も3万3千円を返してくれる計算となります。その恩恵があることでサラリーマンなどはスーツやシャツや靴などのビジネス用に使われるものをそちらの返してくれる分でまかなっている様な計算になります。自営業の方でしたらそういった事業に関わるものはすべて経費計上できるので良いのですが、サラリーマンは経費を上げれませんのでその様になります。そういった計算を元に税金の計算を走らせて税務署も市区町村の役場も税金の徴収をしています。当然所得の多い方には多めの徴収金額になりますし、医療費の負担が大きな家庭に対してはその分を考慮して少な目の徴収金額になっています。ですので、その辺りはごまかしたりする事なくみんな平等に税金は計算されるのです。

コメントを受け付けておりません。