税金の控除いろいろ

税金の控除について知って、賢く得しよう!

医療費控除

確定申告時の医療費控除は、確定申告対象期間の1月1日から12月31日までにかかった医療費を計算し、10万円以上なら控除対象になります。
この医療費は世帯員のものを合算できます。また、世帯主が必ずしも確定申告をすべきというものでもありません。例えば、世帯員の中に会社員の人が3人いたとしたら、年末調整後の源泉徴収税額が一番高い人が世帯分をまとめて、還付申告を行ったほうが有利です。
ビジネス04さて医療費ですが、普通に診療所などで診察を受けたものはもちろん、ドラッグストアで購入した、胃腸薬や風邪薬なども対象になります。その他、緊急を要し、病院へタクシーで行った場合の交通費も認められます。保険診療以外でも、歯科矯正や歯冠治療時のポーセレンも認められます。正当な理由があれば認められるものとして、あん摩・はり・きゅう・マッサージの費用があります。単なるリラクゼーションや疲労回復ではダメで、治療を目的としたものなら認められます。家庭用電子血圧計も医師の指示のもと、購入した場合は認められます。ただ、高額療養費や生命保険で補てんを受けたような場合、補てんを受けた金額を計算した医療費から除きます。
これらに関しては、確定申告時に明細を作成のうえ、レシートや領収書を提出しなければなりません。控除対象になるかどうかは、最終的に計算してみなければわからないため、日ごろから控除に関連したレシートをきちんととっておくことをおすすめします。

コメントを受け付けておりません。