税金の控除いろいろ

税金の控除について知って、賢く得しよう!

付与控除

付与控除は、会社に勤めている人にかかる所得税の算出に影響与える所得控除のひとつで、所得控除というのは人的控除とその他の控除に分類されていて、人的控除の中には配偶者控除や配偶者特別控除などが含まれていて、この扶養家族を優遇する控除の仕組みは最近になって問題視され始めていて、今後は扶養親族などの税制上の取り扱いに変化が見られる可能性があります。
配偶者控除は共に生活を営んでいる妻や夫の年間合計所得金額が38万円以下の場合に控除の対象となっています。この控除の中で特別に扱われている老人控除対象配偶者とは、年齢が70歳以上の配偶者のことです。配偶者特別控除というのは配偶者控除とともに利用されることが多い控除で、申告する人の合計所得が1,000万円以下で、共に生活をしている配偶者の合計年間所得金額が38万円以上で76万円未満の場合に控除の対象として扱われることが出来るという控除の仕組みとなっています。これらに関しては現在、政府与党などに問題視する考え方があり、ここで問題となっている部分は年間の収入が103万円未満の主婦などに対する優遇が大きすぎるのではないかという点で、問題視する政治家たちはこの控除によって女性の勤労意欲を減退させていると主張しています。

コメントを受け付けておりません。