税金の控除いろいろ

税金の控除について知って、賢く得しよう!

配偶者特別控除

よく主婦がパート勤めをする際に、「年間給与が103万円以下でないとご主人の扶養から外れてしまう」なんて話がありますが、これはサラリーマンであるご主人が年末調整を受ける際に、配偶者控除の適用を受けるためであると言えます。配偶者控除を受けるには、所得が38万円以下でないといけません。
なお、ここでいう「所得」とは「収入」とイコールではありません。収入金額から必要経費を差し引いた金額が所得となります。例えば給与でいうと、給与額から一律で経費65万円を差し引いた残りが所得金額です。給与103万円-経費一律65万円=所得38万円、といった具合です。
ではこの所得38万円を超えた場合、すなわち給与を103万円以上うっかり稼いでしまった場合にどうなるかというと、配偶者控除でなく、配偶者特別控除の適用を受けることになります。これは給与だけの場合でいうと103万円超から141万円まで稼いだ方が受けられます。年末調整で配布される申告書にも早見表が掲載されていますが、所得金額が5万円刻みで控除額が変わります。そのため年末調整を受ける前に給与103万円を超えることがわかっているならば、なるべく正確な給与額を自分で計算して控除の適用を受けましょう。また12月最後の給与を受け取った時に計算違いでうけられる控除額もかわってしまった、という場合は再年末調整を行ってもらうようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。