税金の控除いろいろ

税金の控除について知って、賢く得しよう!

付与控除 付与控除 はコメントを受け付けていません。

付与控除は、会社に勤めている人にかかる所得税の算出に影響与える所得控除のひとつで、所得控除というのは人的控除とその他の控除に分類されていて、人的控除の中には配偶者控除や配偶者特別控除などが含まれていて、この扶養家族を優遇する控除の仕組みは最近になって問題視され始めていて、今後は扶養親族などの税制上の取り扱いに変化が見られる可能性があります。
配偶者控除は共に生活を営んでいる妻や夫の年間合計所得金額が38万円以下の場合に控除の対象となっています。この控除の中で特別に扱われている老人控除対象配偶者とは、年齢が70歳以上の配偶者のことです。配偶者特別控除というのは配偶者控除とともに利用されることが多い控除で、申告する人の合計所得が1,000万円以下で、共に生活をしている配偶者の合計年間所得金額が38万円以上で76万円未満の場合に控除の対象として扱われることが出来るという控除の仕組みとなっています。これらに関しては現在、政府与党などに問題視する考え方があり、ここで問題となっている部分は年間の収入が103万円未満の主婦などに対する優遇が大きすぎるのではないかという点で、問題視する政治家たちはこの控除によって女性の勤労意欲を減退させていると主張しています。

人的控除の種類  人的控除の種類  はコメントを受け付けていません。

人的控除の種類は具体的に7つに分類されています。
1、配偶者控除について、年間の合計所得額を38万円以下とする配偶者を対象としています。
ただし、青色事業の専従者として給与を得る者と、白色事業専従者が配偶者となっているは対象外となっています。
2、配偶者特別控除について、申告する者が合計で1000万円以下の所得に対し、生計を一にしている配偶者の合計所得額が38万円以上76万円未満の場合を対象としています。配偶者の所得額に応じた控除が受けられます。
また、対象外としている条件は1と同様です。
3、基礎控除について、38万円の控除が申告する者に適用されます。
4、扶養控除について、1年間の合計所得額が38万円を下回る配偶者以外の生計を一にしている親族が対象とされます。
対象外の条件は1と同様です。
5、寡婦や寡夫控除について、控除額は27万円です。しかし、扶養親族が存在し、更に合計所得額が500万円を下回る寡婦の場合、35万円が適用されます。
6、勤労学生控除について、27万円の控除額が、合計所得額65万円以下の勤労学生に適用されます。
7、障害者控除2種について、控除対象配偶者、扶養親族、または本人が障害を持っている場合、27万円から40万円の控除が適用されます。また、平成23年以降は控除額の見直しがされ、同居特別障害者に対し、75万円となっています。

地震保険料控除 地震保険料控除 はコメントを受け付けていません。

地震保険料控除とは、自分や自分と生計を共にしている配偶者、その他の親族が所有している家屋で、常時その居住の用に供するもの、または該当する人が所有している生活用動産を対象とした保険契約で、地震や噴火、津波を原因とする火災、損壊等による損害をてん補する保険金や共済金が支払われる保険に対して、その年に支払った保険料の金額が一部所得税の課税対象額から控除されるものです。 生命保険料の控除とは別になっていますので、忘れずに記載するようにしましょう。
ビジネス05控除額は上限5万円で、地震保険料でその年に支払った保険料が5万円以下の場合には支払金額全額を、5万円を超えた場合には5万円を控除対象額とします。また、旧長期損害保険料でその年に支払った額が1万円以下であれば支払金額全額を、1万円超2万円以下であれば支払金額÷2+5千円を、2万円を超えていれば1万5千円を控除額にします。なお、地震保険料と中長期損害保険料の両方を支払っている場合には、それぞれの方法で計算した金額の合計額を控除しますが、最高5万円までとなっています。
この控除を受ける場合には、確定申告書の控除欄に必要事項を記載した上で、 支払金額や控除を受けられることを証明する書類を確定申告書に添付する必要があります。

生命保険料控除 生命保険料控除 はコメントを受け付けていません。

数多く存在する生命保険商品ですが、多くの人がなんらかの生命保険に加入している事かと思いますが、年末に行われる年末調整や源泉徴収等で生命保険料控除という言葉を目にする事があるかと思います。この控除とは一体何に対して控除されているのでしょうか。
まず一般の生命保険に関しての保険料が控除され、次に個人年金保険料控除、介護医療保険料控除と続きます。ここでの個人年金とは公的年金である厚生年金や国民年金等では無く、私的年金と呼ばれる年金商品を購入した際に対象となります。そして介護と医療に関しては、保険契約のうち医療費等の支払い事由をもとに保険金が支払われる一定のものとなります。そして上記3つの保険料の控除額に関しては、それぞれ最大4万円となりますので、3つの保険を合わせて最大12万円が控除の対象とする事が出来ます。年間に支払った各商品の金額によって控除額は異なって来ますので、最大で各種4万円と覚えておきましょう。
年末調整時に上記の保険に加入しているのであれば必ず申請しましょう。控除出来るのであれば、するにこした事はありませんので、自分の税金に関わってくる事を覚えておきましょう。年間の支払額を控除額を認識しておく事で、明確な金額を知る事にも繋がります。

医療費控除 医療費控除 はコメントを受け付けていません。

確定申告時の医療費控除は、確定申告対象期間の1月1日から12月31日までにかかった医療費を計算し、10万円以上なら控除対象になります。
この医療費は世帯員のものを合算できます。また、世帯主が必ずしも確定申告をすべきというものでもありません。例えば、世帯員の中に会社員の人が3人いたとしたら、年末調整後の源泉徴収税額が一番高い人が世帯分をまとめて、還付申告を行ったほうが有利です。
ビジネス04さて医療費ですが、普通に診療所などで診察を受けたものはもちろん、ドラッグストアで購入した、胃腸薬や風邪薬なども対象になります。その他、緊急を要し、病院へタクシーで行った場合の交通費も認められます。保険診療以外でも、歯科矯正や歯冠治療時のポーセレンも認められます。正当な理由があれば認められるものとして、あん摩・はり・きゅう・マッサージの費用があります。単なるリラクゼーションや疲労回復ではダメで、治療を目的としたものなら認められます。家庭用電子血圧計も医師の指示のもと、購入した場合は認められます。ただ、高額療養費や生命保険で補てんを受けたような場合、補てんを受けた金額を計算した医療費から除きます。
これらに関しては、確定申告時に明細を作成のうえ、レシートや領収書を提出しなければなりません。控除対象になるかどうかは、最終的に計算してみなければわからないため、日ごろから控除に関連したレシートをきちんととっておくことをおすすめします。

物的控除の種類 物的控除の種類 はコメントを受け付けていません。

家族構成や生活環境等、個人によって税金を負担する能力や状況は異なるため、公平な税金の賦課徴収を図る観点から所得控除が認められています。所得控除には人的控除と物的控除があり、それぞれ7種類ずつ、計14種類あります。後者の所得控除として、雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、地ビジネス03震保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、寄付金控除があります。まず雑損控除とは災害や盗難等によって自分の資産に損害を受けた場合に受けることができる所得控除です。次に医療費控除・社会保険料控除とは自己又は自己と生計を同じくする配偶者や親族のために医療費・社会保険料を支出した場合に受けることができる所得控除です。生命保険料控除とは一定の生命保険料、介護医療保険料等を支出した場合に受けることができる所得控除です。地震保険料控除とは特定の損害保険契約等にかかる保険料や掛金を支出した場合に受けることができる所得控除です。また、小規模企業共済等掛金控除とは小規模企業共済法に規定する一定の金銭を支出した場合に受けることができる所得控除です。そして寄付金控除とは国や地方公共団体に対し特定寄付金を支出した場合に受けることができる所得控除です。

配偶者特別控除 配偶者特別控除 はコメントを受け付けていません。

よく主婦がパート勤めをする際に、「年間給与が103万円以下でないとご主人の扶養から外れてしまう」なんて話がありますが、これはサラリーマンであるご主人が年末調整を受ける際に、配偶者控除の適用を受けるためであると言えます。配偶者控除を受けるには、所得が38万円以下でないといけません。
なお、ここでいう「所得」とは「収入」とイコールではありません。収入金額から必要経費を差し引いた金額が所得となります。例えば給与でいうと、給与額から一律で経費65万円を差し引いた残りが所得金額です。給与103万円-経費一律65万円=所得38万円、といった具合です。
ではこの所得38万円を超えた場合、すなわち給与を103万円以上うっかり稼いでしまった場合にどうなるかというと、配偶者控除でなく、配偶者特別控除の適用を受けることになります。これは給与だけの場合でいうと103万円超から141万円まで稼いだ方が受けられます。年末調整で配布される申告書にも早見表が掲載されていますが、所得金額が5万円刻みで控除額が変わります。そのため年末調整を受ける前に給与103万円を超えることがわかっているならば、なるべく正確な給与額を自分で計算して控除の適用を受けましょう。また12月最後の給与を受け取った時に計算違いでうけられる控除額もかわってしまった、という場合は再年末調整を行ってもらうようにしましょう。

配偶者控除 配偶者控除 はコメントを受け付けていません。

多くの会社員は年末、最終給与の支給時に年末調整という所得税の精算が行われます。
このとき、生命保険料控除や社会保険料控除などをさす物的控除と並び配偶者控除などの人的控除があります。
この配偶者の控除について申請する用紙は扶養控除異動等申告書で、配偶者の氏名や住所、その年の所得について記載する必要があります。

そもそもこの配偶者の控除というのは条件がいくつかあります。
主なものとしては、民法の規定による配偶者である必要があるということです。即ち内縁関係の人は扶養控除の対象にはなれません。
また、重要なのは年間の合計所得金額が38万円以下であるということです。
ここで注意が必要なのは「所得」という言葉です。給与を支払われている配偶者である場合の所得とは、給与収入から給与所得控除65万円を差し引いた金額です。
配偶者が給与所得者であれば総支給額で103万円以内であればよいということです。
仮に103万を1円でも超えてしまった場合、税務署から是正勧告が届くことがあり、過去3年にさかのぼって申告しなおす義務が発生し、追徴の必要があれば追徴課税されることとなります。
しかし、103万円以内であれば配偶者が育児休職中の場合でも控除の対象になりますし、収入が103万1円以上でも141万円未満であれば配偶者特別控除という収入に応じて段階的に減ってはしまいますが、控除の対象となる制度がありますので、詳しく調べてみるといいでしょう。
大切なのは、配偶者が自身の所得を正しく理解しておくことです。

基礎控除 基礎控除 はコメントを受け付けていません。

年末調整では所得税の計算とそれを市区町村へ提出してそこで住民税の計算を行なったりしています。当然確定申告などでさまざまな所得や控除を計算をされた後にすべての税金の計算が完結します。その流れの中で計算の元となるものが控除の基礎となり本人に対しての基礎控除分が発生します。金額的には所得税で38万地方税分では33万円となります。これはサラリーマンの人で計算すれば年間3万8千円の所得税を返してくれて地方税も3万3千円を返してくれる計算となります。その恩恵があることでサラリーマンなどはスーツやシャツや靴などのビジネス用に使われるものをそちらの返してくれる分でまかなっている様な計算になります。自営業の方でしたらそういった事業に関わるものはすべて経費計上できるので良いのですが、サラリーマンは経費を上げれませんのでその様になります。そういった計算を元に税金の計算を走らせて税務署も市区町村の役場も税金の徴収をしています。当然所得の多い方には多めの徴収金額になりますし、医療費の負担が大きな家庭に対してはその分を考慮して少な目の徴収金額になっています。ですので、その辺りはごまかしたりする事なくみんな平等に税金は計算されるのです。